女性

初めての二重整形でドキドキ!【埋没法と切開法の特徴を調査】

  1. ホーム
  2. カワイイは目で決まる

カワイイは目で決まる

目

顔の印象を変えるなら

人と初めて会う時、最初に見る部分はどこかといわれれば大抵の人は顔と答えるでしょう。あるアンケートによれば約80%の人が、人と初めて顔を合わせるときにはその人の“目”を見るというデータもあるほどで、顔はもちろんのこと、目がとても重要なパーツであるということがわかります。どんな目にもそれぞれの良さがありますが、日本ではぱっちりとした大きな黒目が可愛いといわれる傾向にあります。一重の人や奥二重の人にとっては、自分の目の小ささをコンプレックスに感じている人もいるでしょう。もちろん二重の人でも自分の二重幅が気に入らないという人や、もっと目を大きく見せたいなど、悩みや不満を持っている人も多くいます。そうした瞳の悩みを解決するのに多くの人が利用しているのが二重整形です。現在では簡単にできる二重整形術も増えており、施術時間は10分〜20分、翌日からメイクも洗顔もOKなほど負担の少ない施術も増えています。こうした施術方法は負担が少ないだけでなく周囲にも知られにくいため、自然に目の雰囲気や大きさを変えたいという人にぴったりな方法と言えるでしょう。もちろんメスや脂肪吸引を行い、目頭や目尻をより長くして目そのものもを大きく見せる施術や、瞼のたるみを取る施術も人気があります。こうした施術は費用や負担が大きいぶん、ぐっと目の大きさや印象を変えることも可能で、瞼の厚さやもともとの目の形による制限もないという特徴もあるのです。二重整形はさまざまな術法がある分、それぞれに特徴があり、メリットも異なります。自分のなりたい瞳をイメージして、適切な十方を選ぶことが大切なポイントとなります。「なぜこれほどまでに多くの人が二重整形を利用しているのか」と聞かれれば、理由はいくつかありますが、最もシンプルな答えは「目の印象が顔の印象を大きく変えるから」という理由でしょう。鼻の高さを変える、脂肪を吸引してシャープな顔立ちにするといった整形は非常にメジャーなもので広く知られた方法です。頬やおでこに糸を埋め込むリフトアップや、ヒアルロン酸注射などもメスを使わない手軽な方法でプチ整形とも呼ばれますが、二重整形と比べると、顔の印象を大きく変えるほどではないといえるでしょう。“目は口ほどに物を言う”という諺があるように、目が与える印象や目元で作る雰囲気というのは、その人自身の印象を大きく変えます。だからこそ、自分の印象を変えたいと二重整形をする人が後を絶たない状況なのです。さらにいえば二重にする整形は美容外科クリニックの多くが精力的に取り組んでいるということも、この状況を後押ししています。クリニックの中にはモニター(ホームページで術後の写真を掲載するモデルや、動画で感想を述べるモデル)になることで、料金を大幅にカットするサービスを行っている所も珍しくありません。ほかにも、糸を使った埋没法の場合、10000円をきる超低価格帯でのプランを用意しているケースもあり、気軽に挑戦できるというのも二重整形の特徴と言える部分です。安い料金なのに、他の整形よりも効果が得やすく、顔だけでなく自分自身の印象も変えられるとあって、利用者が年々増えているといわれるのもうなずける状況でしょう。